マットレスを意識するようになったきっかけ

マットレスを意識するようになったきっかけ

マットレスを初めて意識し出したのは、初めて友人の家に泊まりに行ったときだったかもしれません。

友人とベッドで一緒になって寝たのですが、凄く寝心地が良かったのです。

友人のマットレスが良かったのか家のが悪かったのかはよく分かりませんし、単純に初めてのマットレスだから良く感じたのかもしれません。

もちろんそれは友人には言いませんでした。

なんとなく恥ずかしかったですし、家で安物を使っていると思われたらなんか微妙だなと思ったのです。

翌日帰宅してマットレスについて少し調べたのですが、マットレスで寝心地が全く違うことを知りました。

当たり前といえば当たり前なのですが、マットレス1つでそんなに変わるとは思っていなかったので、なんだか不思議なかんじでした。

それから少し後、少々安めのホテルに泊まる機会がありました。

そこは、マットレスが異様に固かったのか、朝起きたときに節々が痛かった記憶があります。

そのあたりから、マットレスを少しずつではありますが意識し始めるようになったのかもしれません。

かと言って、詳しくなったかと言われると全くそういうわけではありません。

ただ、少し気にするようになっただけの話です。

ですが、睡眠というのは人間にとって本当に大事ですから、無頓着でいるよりはいいのかなと思うようにしています。

そのおかげなのかは分かりませんが今はいいマットレスを使えていますし、意識するということは思っている以上に大事なのかもしれません。

念願の低反発マットレスでもどかしい思いをしています

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.

Sorry, comments are closed at this time.

Back to top